2010年02月25日

スフィンクス

 萩尾望都原画展でおもわず購入。この表紙の原画もきれいでした〜!ただし、表紙はコミック用に左右逆版で印刷されています。






 表題作とオイディプスは、ギリシア悲劇のオイディプスから。生方さんシリーズも数編。

 ギリシャ神話(昔は「ギリシャ」でした)は子供の頃から好きでしたが、大学で「イーリアス」を読んで以来、ますます好きになりました。「オイディプス」は、ずいぶん前に、蜷川幸雄の舞台を見たことがあります。この漫画を読んでまた読み返したけど、ギリシア悲劇ってすごいですよね〜。登場する人間が我々よりずっと濃い感じがします。日本語訳は、読みやすく物語形式になっているものが多いのですが、台詞とコロスの歌詞の形式で読んでも感情移入できます。収録作品の中でも、ギリシアもの2本は、生方シリーズに比べてドラマチックな描写で、ギリシア悲劇の雰囲気をよく出していると思います。

 生方先生シリーズは表情も日本人らしく抑えめで、ギリシアものとの差別化は成功しているんですけど…なんだろう?絵が上手すぎる?いい話なのに、イマイチ情緒的じゃないというか。

 なんですかねぇ?萩尾望都の絵はきれいで丁寧で好きだったはずなのに、もうちょっとあっさりした絵が欲しいと思っちゃったりするのは。生方先生のキャラクターがよくわからないので、シリーズになっていること自体に違和感を感じるのかも。

posted by とーこ at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 萩尾望都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

山へ行く

 「萩尾望都原画展」に行って、手元に残した1冊。





 萩尾望都の作品はほとんど読んでいて、かなり持っていますが、ファンというほどでもないかも。「ポーの一族」とか「アメリカン・パイ」、「半神」、「エッグスタンド」、「メッシュ」など、どちらかというと重い話の方が好きで、萩尾さんのコメディーはテンポが私とは合わないような気がしていました。そのそわそわとしたテンポがバレエのテンポとあっていた「フラワーフェスティバル」は好きですけど。
 重い話も、「残酷な神が支配する」は、最後まで読みましたが、さすがにあまりにもつらい話で疲れました。「バルバラ異界」も、後味が悪く、全部買って読んだあげく、人に譲りました。

 おおざっぱに言って、最近の萩尾作品はどうも…という感じでした。「山へ行く」もそう。生方さんが出てくる表題作を含むシリーズも、登場人物の台詞が多く、何となく合わない。たぶん動画でない平面のコマ割としては、台詞が饒舌すぎるんだと思います。生方さんシリーズの間あいだに、「メッセージ」など、生方さんとは関係ない話がいくつか収録されていますが、オムニバス映画のようで、効果的。…ああ、そうか、台詞が多いと思ったけど、萩尾さんは映画みたいな感じで作りたかったのかもね。

 単行本の最後に収録されているのが「柳の木」で、この原画を見ちゃったもんだから手放したくなくなっちゃった。
posted by とーこ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 萩尾望都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。