2009年05月10日

きょうの猫村さん

 もう何年も前に秘密結社のお友達が紹介してくださった漫画ですが、読んだことがありませんでした。いまさらながらですが、ブックオフで1巻が105円になっていたので購入。

ううむ…おもしろい。



きょうの猫村さん 1

きょうの猫村さん 1

  • 作者: ほし よりこ
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2005/07/14
  • メディア: コミック




 猫の猫村ねこさんは、かわいがってくれた坊ちゃんのご両親が離婚して、坊ちゃんが外国に行くことになったので、坊ちゃんのためにと磨いた家事能力を生かして、家政婦となりました。猫だけど家政婦協会に所属し、坊ちゃんにもらったエプロンをきりりと(縦結びに)結び、お勤めしています。

 鉛筆でサササ…と書いたような絵が絶妙。素人には書けません。(鉛筆のまま印刷されているような気がするんですけど、下書きは何でしているんでしょうか?まさか、一発で描いている??)

 あんまりおもしろいので、マガジンハウスに登録して、続きを読んでいるところ。1日1コマ更新だそうです。


 猫村さんの日本語は、なつかしい昭和の日本語。佐々木邦の「苦心のご学友」に出てくる、正三くんのお母さんもこんな日本語を話していたような気がします。

 「旦那様はおられます」という言い方がでてきて、普通は「いらっしゃいます」ではないかと違和感を感じましたが、西日本では丁寧表現だそうですね。
posted by とーこ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ほしよりこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。