2010年08月12日

テレプシコーラ/舞姫 第2部4

 前半でついに双葉ちゃんと六花ちゃんはローザンヌを棄権。

 技術の前に健康管理、ということが身にしみたはず。確かに。しかし茜ちゃんを見ていると、運もありますね…と言い出すと、千花ちゃんを思い出してしまいますが。とにかくダンサーを志す人はそれだけの覚悟がいるということ。





 高熱のあまり、ステージで転んだことも気づかず、ふわふわ…と何事もなかったかのようにステージを終えた六花ちゃん。このあたり、もっと幼い頃からプロ意識の高かった千花ちゃんにはありえないことですが、よきにつけ悪きにつけ、これが六花ちゃんのキャラクターなんだなぁ。

 完全な体調に戻り、強運の持ち主に思えた茜ちゃんも、審査通らず。股関節に問題があり、ダンサーとしては致命的な欠陥を持つ六花ちゃん、拒食症に苦しむ双葉ちゃん、努力家だし、プロ意識も高いのに、身長が伸びず、不運が重なった千花ちゃん。踊りはうまいけど、容姿に問題がある(^_^;)茜ちゃん…完全な人はいないんですねー。

 4巻では2泊。ローザンヌ泊10日くらいの日程のツアーなんでしょうか。付き添い役の先生の分の交通費、旅費まで出すとなると、親御さんも大変ですねぇ…。

 しかしこのテンポだと、アストロ球団を超えるぞ。第1部で10巻だから、第2部も10巻か?と思っていましたが、次の5巻目で日本まで戻れますかね?まだ「モーリス・ベジャールが亡くなって間もないので…」みたいなことが書いてあったので、このローザンヌって2008年ってこと?やれやれ…。でも第1部と第2部の間は、ぽーんと数年間飛んでいたから、第3部ではまた現代に戻るんでしょうか。つか、第3部まではない?でもあと5〜6巻でローラの正体がわかる気はしないし…。
posted by とーこ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 山岸凉子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。