2009年11月30日

田舎暮らしはじめました

 家賃5千円の安さに惹かれ、東京から和歌山に越してきたグレゴリ青山&ヨコチン夫妻の田舎暮らし。


田舎暮らしはじめました うちの家賃は5千円

田舎暮らしはじめました うちの家賃は5千円

  • 作者: グレゴリ青山
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2009/11/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





 グレゴリ青山さんは、「アジア旅行のバックパッカー」の本(「旅のグ」)から入ったのですが、それだけじゃない、京都や船、デザイン関係やレトロ趣味、会席料理店や古本屋のバイトの話など、どれもこれもおもしろい。何がおもしろいかというと、僭越ながら自分に近いものを感じるんですね。私は美術学校には行っていないけど、昔から絵を描くのが好きだったし、ちょっとの間懐石料理店で働いたこともあるし、他の国は行ったことないけど、インドには6回行ったし…みたいな、最小限の共通項ですけど、何となく、グレゴリ青山さんが書(描)いている雰囲気がわかるような気がします。グレゴリさんの方が若いけど、まぁ大雑把にいって同世代だし。

 でも、一番の共通点は「貧乏性」なのかも−。

 お金がかかることははなっから興味がないというか、目に入らないし、使えそうなものは何とか使おうとするというか、使おうとして手を加える過程が趣味になっちゃっているというか。


 東京で2Dのアパートに月々9万円の家賃を払っていたグレゴリ青山さんは、自分のものになるわけでもないのに年間100万円以上も払うことがバカバカしくなり、家賃5千円の一軒家(プラス「離れ」&「家畜小屋」つき)に越すわけですが、私もそう!東京で2DKのアパートと、夫の仕事部屋のワンルームを借りていたのですが、広告を見て、年間の費用を計算して、埼玉の田舎のマンションを買っちゃいました。まー、その結果、東京に行って帰ってくると、片道2時間、1回2000円くらい交通費がかかるんですけど…(グレゴリさんとこの家賃の約半分ですなぁ)。


 終電も早いので、東京で飲んでいると、10時半とか11時にはもう出ないと間に合いません。東京で会う友達は「遠くからわざわざどうも…」と、申し訳ながってくれたり、「なんでそんなところに家を買ったの?」と聞いたりしますが、住めば都、埼玉も田舎もけっこういいとこなんですよねー。毎日往復4時間近くかけて東京に通勤しているときにはイマイチ良さがわからなかったけど、専業主婦になってみると、地物野菜は安くて新鮮だし、人がいなくて道もすいすい歩けるし、近所には鴨や鷺、アヒルや烏骨鶏、鴎までいちゃうし。

 まぁ、グレゴリさんの住んでいた一軒家に比べたら、田舎とは言えないけど。バックパッカーといえる旅行は数回だけだし、お絵かきが好きでもプロの漫画家にはなれるはずもないし、まぁすべてにおいて、私の生活はグレゴリさんほど極端じゃないんですけど…何となくわかる気がします。

 4年間のド田舎生活を終え、グレゴリ夫妻(いや、ご主人はグレゴリさんじゃないけど)は、もう少し都会に近い田舎に再び引っ越します。グレゴリさんは、生まれてからずーっと同じ土地に住んでいる人と比べ、「住む」というよりは「旅をしていた」のかもしれないというようなことを書いています。

 私はここ(埼玉の田舎)に来るまで、10回以上引っ越しをしていますが、ここに定住しそうです。バックパッカー旅行を楽しめる人は、貧乏と不便も楽しめるような気がします。


 

 

 
posted by とーこ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | グレゴリ青山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。