2009年06月22日

エロイカより愛をこめて 35

 番外編2編と、22番目のシリーズもの「聖ヨハネの帰還」その1。





 「エロイカ…」でおもしろいのは、実は番外編だったりします。なんといっても執事さんが出てきたりする少佐のプライベートタイムは、番外編でしかほとんどわかりませんから。今回は電話だけとかいえ、少佐パパも大活躍。それにしても少佐、ケーキも焼けるし、掃除好きだし、主婦としても完璧!

 新しいシリーズは洗礼者ヨハネの立ち位置にこだわるキリスト教芸術にまつわるお話。ダヴィンチ・コードを彷彿させます。いまさらながらですが、伯爵はやっぱり芸術のパトロンなんですねー。芸術家の育成と芸術作品の保存のためには必要不可欠なお方。芸術家の育成のために自分でお金を出すか出さないかはともかく、美を愛でる精神が大切。
posted by とーこ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 青池保子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。