2010年08月12日

テレプシコーラ/舞姫 第2部4

 前半でついに双葉ちゃんと六花ちゃんはローザンヌを棄権。

 技術の前に健康管理、ということが身にしみたはず。確かに。しかし茜ちゃんを見ていると、運もありますね…と言い出すと、千花ちゃんを思い出してしまいますが。とにかくダンサーを志す人はそれだけの覚悟がいるということ。





 高熱のあまり、ステージで転んだことも気づかず、ふわふわ…と何事もなかったかのようにステージを終えた六花ちゃん。このあたり、もっと幼い頃からプロ意識の高かった千花ちゃんにはありえないことですが、よきにつけ悪きにつけ、これが六花ちゃんのキャラクターなんだなぁ。

 完全な体調に戻り、強運の持ち主に思えた茜ちゃんも、審査通らず。股関節に問題があり、ダンサーとしては致命的な欠陥を持つ六花ちゃん、拒食症に苦しむ双葉ちゃん、努力家だし、プロ意識も高いのに、身長が伸びず、不運が重なった千花ちゃん。踊りはうまいけど、容姿に問題がある(^_^;)茜ちゃん…完全な人はいないんですねー。

 4巻では2泊。ローザンヌ泊10日くらいの日程のツアーなんでしょうか。付き添い役の先生の分の交通費、旅費まで出すとなると、親御さんも大変ですねぇ…。

 しかしこのテンポだと、アストロ球団を超えるぞ。第1部で10巻だから、第2部も10巻か?と思っていましたが、次の5巻目で日本まで戻れますかね?まだ「モーリス・ベジャールが亡くなって間もないので…」みたいなことが書いてあったので、このローザンヌって2008年ってこと?やれやれ…。でも第1部と第2部の間は、ぽーんと数年間飛んでいたから、第3部ではまた現代に戻るんでしょうか。つか、第3部まではない?でもあと5〜6巻でローラの正体がわかる気はしないし…。
posted by とーこ at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 山岸凉子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月29日

へうげもの 11服

 紅鮭色の10巻に続く、こりゃまた何という色なのでしょう…唐紅(からくれない)?いや、韓紅か。





 唐入りにかこつけて朝鮮の焼き物を探りにいった織部。行った先は戦争をしている相手なのですから、行きはヨイヨイ、帰りは怖い。やっとの思いで日本にたどり着きました。死人を出しながらも、朝鮮の焼き物に触れ、作り方を習い、登り窯まで見せてもらい、技術者(英子)を連れ帰るという、収穫の多い旅となりました。

 朝鮮の視察旅行、独自の工場・実験室(美濃十作)、販路開発、伏見の酒と提携、会員制プレゼンテーション(弟子)、プロジェクト・プロモーション(伏見城山里丸)…と、織部のやっていたことはベンチャー企業と同じなんだ〜という気がします。大地震で伏見にせっかく作った屋敷も壊れちゃいましたが、たぶんこれも神の与えたチャンス。まったく新しいものを作るためには、前にあったものを壊すのが早い。

 右近、忠興、遠州、虎坊、佐竹と、ますます魅力的な戦国の男達が活躍します。
タグ:へうげもの
posted by とーこ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 山田芳裕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

西域妖猿伝 西域篇2

 1年ぶりに西域篇2。


 

 11年ぶりの再開から2巻目。好調好調。西域篇1もおもしろかったけど、2巻はさらに快調に進みます。

 ソグド人、遊牧民、拝火教徒と、ますます西域っぽくなってまいりました。そういや一行はカイバル峠を越えてインドに入ったんだっけ…なーんて急に西遊記を思い出したりして。というくらい、西遊記とは違っています。このまま1年に1冊の発行ペースだと、いったいいつになったら終わるのか見当もつきませんが、ありがたいインドのお経は持ち帰ることができるのでしょうか?
 西遊記の結末もすっかり忘れちゃっていますが、玄奘が天竺に着いた7世紀には、仏教はそろそろ衰退しかかっていた頃ですか。まだまだ天竺にたどり着くまでには長い年月がかかりそう。とりあえず来年も3巻が出るといいな…。
タグ:西域妖猿伝
posted by とーこ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸星大二郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西域妖猿伝 西域篇1

 ようやく西域に突入。



 
 1983年に連載を始めてから、掲載雑誌会社を2回変え、中断しつつも続いている諸星版西遊記。
 諸星大二郎の漫画は一応全部買っているとは思うけど、連載先がかわったり、大幅な変更・加筆があるので、どれを持っているのか自分でも把握できません。妖猿伝も9巻まで双葉社で買ったところで潮出版にかわったので、最初の9巻は古本屋に売って、1巻から買い直し。その後講談社からもはじめから再版されたと思いますが、もう買い直す気力はなく、今回西域篇に突入したのでようやくまた買い始めました。といっても、西域篇1は様子を見て買わず、2が出たところで1.2巻購入。ファンも慎重になります。

 なーんて疑心暗視だったけど、10年以上待ったかいがあったというか、話が進み始めた〜。ようやく沙悟浄が登場して、西遊記のメンバーが揃いました。
タグ:西域妖猿伝
posted by とーこ at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 諸星大二郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

聖☆おにいさん5

 快調に5巻目。




 前回はイエスのお誕生日でしたが、今回はイエスの裏お誕生日(イースター)でドッキリ(シークレット・パーティー)。…こっそり企画して本人を驚かせるというのは、西洋ではデフォなんでしょうか?…元上司のインド人も何かって言うとシークレット・パーティーをしたがっていたけど、日程を押さえる必要があったりするので、いつも全然「秘密」ではなかったけど。ブッダもインド人だけど、シークレット・パーティーとかしたら怒りそう。

 自転車や東京タワーもおもしろかったけど、今回は鍋の回も受けました。ブッダ、ベジタリアンかと思っていましたが、「堅い卵は許容できない」くらい卵にうるさいのね。
posted by とーこ at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 中村光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。